いつの時代でも「美しくあること」と「若さを保つこと」の追求は尽きることはありません。美容とアンチエイジングに関心を持つ人たちの間で注目されているのがプラセンタです。プラセンタは元々、哺乳類の胎盤のことであり、母体と胎児を結ぶ大切な役割を担っているものです。胎児の発育に必要な栄養素・酸素・たんぱく質を作ったりホルモンを分泌させる働きがあります。

この働きに着目し、出産後は不要になってしまうこの臓器を捨てずに利用して美容やアンチエイジングに効果のあるさまざまな医薬品や化粧品、サプリメントなどが開発されています。

具体的には、胎盤をエキス化したものが医学の分野で婦人科疾患や更年期障害、肝臓疾患などの治療に使われていますし、ウマやブタ、ヒトの胎盤が注射、ドリンク剤、サプリメント、化粧品や美容液などさまざまなかたちで商品化され活用されています。

プラセンタの効能として、「滋養強壮」「美容効果」「疲労回復」などがあげられますが、他にも冷え性、貧血、にきび、肩こり、生理不順、更年期障害などにも効果があるといわれています。

もっと詳しく効果効能を見る⇒プラセンタの効果と副作用

いわゆるアンチエイジングとは「抗老化医学」のことで、身体の老化を遅らせるという意味です。プラセンタには体細胞の若返りに大いに関係があるグロスファクター・サイトカイン再生効果をはじめとして、抗炎症作用(炎症を抑える)、創傷回復促進作用(傷や炎症などによってこわれた組織の修復を促す)、さらには内分泌調整作用(内分泌系に働きかけホルモンバランスを調整する)などに効果があるといわれています。

また、コラーゲンやヒアルロン酸などを豊富に含むことから、美肌を作る、しみやくすみ・乾燥などの肌トラブルを軽減させる、髪を豊かにする、痩身などの美容効果もあります。

さらに、タンパク質・脂質・糖質の3大栄養素をはじめとして、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、核酸などの健康維持に大切な有効成分を豊富に含みますので、疲労回復、基礎代謝向上、体質改善、精神安定などに効果を発揮します。

ひとつの受精卵をわずか10カ月の間に立派な人間に育て上げる働きを持つプラセンタはまさに生命の源といえるでしょう。まだまだ研究すべき未知なる部分を秘めたプラセンタ。今後のさらなる研究に期待しつつ、美しく、若く、健康的な生活のためにプラセンタを活用してみてはどうでしょうか。