プラセンタの健康への効果

精神安定

人が生きていくために大切なのは身体の健康だけではありません。精神の健康もまた生きていくうえで多大な影響をもたらします。精神が不安定な状態で過ごしていると、そのまま身体が蝕まれてしまうことも大いにありうるのです。

女性の場合、月経の周期にあわせて心が不安定になったりイライラしたりすることはよくあります。更年期の女性(男性にもあてはまる場合があります)も、ホルモンバランスが崩れることで精神的に不安定になったり、ひどい場合はうつ病になることもあります。これはエストロゲンというホルモンの分泌量が大いに関係しています。プラセンタにはエストロゲンの分泌量を調整する機能がありますから、精神安定に大いに役立つというわけです。

の安定には自律神経の役割も欠かせません。精神に適度の緊張感をもたらす交感神経と、逆に精神をゆるやかにする副交感神経からなる自律神経が乱れると、無気力になってしまったりイライラ感が募ったりします。この自律神経の乱れを正常な状態に戻すのにプラセンタが効果を発揮します。更年期障害の治療にはヒトプラセンタ原料のメルスモンという注射が使われます。更年期にあらわれる身体の不調と心の不調、両方に効くこの注射には定評があります。いろいろなメーカーからサプリメントも発売されていますが、即効性と効果の確実さで注射に人気が集まっています。

プラセンタは男性の更年期障害にも効果があります。仕事の疲れが抜けない・不眠・勢力が減退した、などの悩みが解消されることで精神的にも安定するのです。